How to get off the MBA wait list

You've been waitlisted. Now what?


STEP #1

EXPRESS INTEREST

Communicate early, and often.

  • Do you still want to attend this school?

  • If so, contact your wait list manager to inform the school that you wish to remain on the wait list.

  • Alternatively, if you have a better offer, remove yourself and give your spot to someone else.

  • Either way, communicate with the admissions office. They want to know your situation.


 

STEP #2

FIND THE CAUSE

Why weren't you admitted?

  • Analyze your entire application to identify weak points.

  • Solicit feedback from alumni, current students, admissions consultants, etc.

  • Find of if the school offers feedback via a phone session or interview with a “waitlist manager.”

 

Here is a handy table of common suggestions that might fit your case

Potential Weaknesses

Recommended Strategies for Improvements

GMAT or TOEFL score below the median

Retake the exam and send an updated score report

Limited exposure to quantitative coursework or tasks / Low GMAT quantitative score (below 65%)

Improve your GMAT quantitative score and/or complete quantitative coursework

Communication skills

Join Toastmasters or a similar public speaking group

Planning a significant career transition without prior preparation

Network with individuals in your desired industry and consider refining your goals

Limited career experience

Demonstrate significant achievements and leadership successes by sending updates and/or obtaining an additional recommendation

Fit and commitment to this program

Contact current students, faculty, staff, and/or alumni to learn about your target school and how you could contribute

Provide an updated statement about why this school is the best MBA program for you


 

 

STEP #3

SHOW GOOD JUDGMENT

Do not annoy admissions office members!

  • Clarify the school's wait list policy.

  • Some schools, like HBS, Kellogg and UCLA, assign "wait list managers," who handle your file.

  • If your wait list manager is willing to receive new information from you, consider what to send, and when to send it.

    • HBS says, "We leave it up to your judgment regarding sending additional materials, but we cannot accommodate requests for meetings or interviews."

    • Cornell says, "We also look forward to receiving relevant updates such as

      • improved test scores

      • transcripts from additional courses

      • details about career developments, or

      • an additional recommendation letter

  • Follow their advice. They want to help you.

  • Here are some helpful tips, straight from the admissions office at UCLA Anderson:

Use your judgment in submitting information that is relevant to your application.  


Some examples include (but are not limited to):

  • updated GMAT scores

  • promotions at work

  • recent extracurricular accomplishments


Chances of being admitted off the waitlist are difficult to predict since the number of students admitted from the waitlist varies from year to year depending on the size/strength of the admit pool, number of admits who enroll, and other factors.


Before you rush to submit additional information to the waitlist manager, please keep in mind that:

  • Every interaction we have with you moving forward can be a data point on your file – make sure your interactions are targeted and value-added

  • This is the busiest time of year for most admissions offices

  • Quality of information/communication count more than quantity

 
 
 

 

Should I send additional reference letters?

Is there any value in submitting additional recommendation letters once you have been placed on a wait list?

It really depends on the school. In the case of Wharton or Harvard, I do not believe that sending additional recommendation letters increases your admissions chances.
 

  • Put yourself in the shoes of the admissions office.

  • Ask yourself: why did they put me on the wait list?

  • Do you think the admissions office waitlisted you because they do not believe that you would attend their school if admitted?

  • In that case, the only value of an additional recommendation letter is to prove your fit and passion for the school.


Bottom line:

I tell my clients to have no regrets.

If sending an additional letter would help you feel that you did all you could to get admitted, then perhaps you should send an additional letter of recommendation.

For now, please tell me:

 

  1. Who would write your new letter?

  2. What would it say?

  3. How would it add value over and above the letters you have already submitted?

 

Vince hints: if you submitted professional letters with your application, you might consider asking a current student or recent graduate to send a "push letter" on your behalf.

In that case, I suggest you use a different format, perhaps similar to the one provided by London Business School (below). Just be sure to check with the school. Berkeley Haas, for example, requires all recommenders to use their standard recommendation form.

 

 

London Business School alumni and student recommendation form for MBA 2014 applicants

You should only complete a recommendation for a candidate who you believe to be of the highest calibre with the potential to succeed in the competitive London Business School environment. The Admissions Committee invites recommendations from alumni and students who have known the candidate they are recommending in a personal, professional or academic capacity for a significant length of time.

Please note that whilst your recommendation is a valuable addition to the application, we cannot guarantee that the candidate will be selected for interview or made an offer of a place.

First/known name
Surname/family name
Your email address
Your programme and year (e.g. MBA 2006)

Applicant’s first/known name
Applicant’s surname/family name
Applicant’s email address

 

  1. How long have you known the applicant and in what connection?

  2. Why do you think the applicant would be a good fit for the MBA programme at London Business School?

  3. How do you think the applicant would contribute to:

    • 1) The study group and classroom environment

    • 2) Student clubs and the wider School community

    • 3) The Alumni community

  4. Please include any further comments you would like the Admissions Committee to consider

 
 

STEP #4

BE PATIENT AND PERSISTENT

Learn how to fish.

  • Getting admitted from a wait list is like catching a fish.

  • Keep admissions officers "on the line" with short updates, perhaps as often as every two to three weeks.

  • Do NOT overwhelm them by sending excessive and irrelevant updates.

  • Clarify if they want to read new essays and new letters of recommendation.

  • Consider visiting campus, especially if you did not see the school before you applied.

    • Ask your "wait list officer" first to see if that is a good idea.

    • Also, be sure that students are not on break or taking exams on the day(s) you plan to visit campus.

 



 

I encourage you to watch it and think of ways to apply these lessons to your wait list situation. Happy fishing!

 


SET THE HOOK

  • Develop a wait list strategy.

  • Why were you not admitted?

  • How can you increase your chances?


 


MAINTAIN TENSION ON YOUR LINE

  • Send regular, relevant updates.

  • Let your wait list manager know that you are taking steps to improve your candidacy.

  • Also, let them know that you are increasing your knowledge of their school, and confirming your fit by reaching out to alumni and current students.


 


BE PATIENT

  • Reel your fish in slowly.

  • Do not pull too hard, or you will break the line.

  • Some clients remain on the wait list until summertime.

  • Do not panic if you have not received any update for a long time.

  • Continue to let your wait list manager know that you remain interested.

  • Meanwhile, keep your other options open as long as possible.

 
 
 
 

WORDS OF ADVICE

FOR MY JAPANESE CLIENTS

 

MBA Waitlistになった際に犯してはならない9つの間違い(抄訳)

Waitistを出す学校は以下の3つのカテゴリーに分類される

1.    こちらからは連絡をせず、学校からの連絡を待つ必要がある学校

受験生から学校への連絡を推奨していない学校である。情報のアップデートやキャンパスビジットを(公式には)推奨していない。伝統的にはHarvardやUCLA Andersonがこのカテゴリーに入る。


2.    愛校心を示す必要がある学校

多くの学校がこのカテゴリーに入る。常に連絡を続け、学校への関心を示し続ける必要がある。といっても、不必要な情報を送ってはならないし、毎日連絡して彼らの時間を多く取り過ぎてはならない。ChicagoやMichigan、Columbiaがこのカテゴリーに入る。


3.    遠慮がちな学校

以前私はこれらの学校を“統合失調症”だと呼んでいた。これらの学校はカテゴリー1の学校のように「連絡をするな」と言っているものの、重要な進捗やアップデートを知りたがっている。と言っても、カテゴリー2の学校ほどは連絡を歓迎しているわけではない。Whartonがこのカテゴリーに分類され、StanfordやINSEADも時折このような姿勢をみせる。


 

 


9つの間違い

正しい行動



1.    Waitlistの連絡に書いてある学校からの指示に従う。
2.    自分が向上していることを学校に確信させる。
3.    自分のゴールを達成するのにこの学校がベストだということを再度強調する。
4.    他の人からのサポートを求める。
5.    継続して、中身のある連絡を続ける。
6.    Waitlistになった原因を突き止め、それに応じて行動する。
7.    継続して考慮の対象としてくれていることに対して、Adcomに感謝する。
8.    ポジティブな側面を強調する。
9.    Waitlistになっている学校に対して、他に合格している学校のことを伝えない。

 


間違い#1:学校からのインストラクションを無視する



学校があなたに具体的な行動を指示しているのに、それを無視してはならない。Waitlistの連絡に書いてある学校からの指示に従う。もし「飛べ!」と言われたのであれば、「どのぐらいの高さで?」と聞くべき。

学校からのインストラクションは以下の2タイプに分類される。

1.    Waitlistのあいだ、学校に連絡をするよう指示する

2.    あなたのプロフィールの弱みについて話す

もし学校がコンタクト相手を指定してきたら、その人に連絡をすること。そして、Waitlistから合格するためにどのようなことができるかを尋ねる必要がある。Waitlistのプロセスについて尋ね、いつどのぐらいの頻度で出願状況のレビューを行うのかを知る必要がある。

 
 

 


間違い#2:最近のアチーブメントについて謙虚になる
 


謙虚さはしばらく忘れてしまったほうがいい。その代わりに、自分が向上していることを学校に確信させる必要がある。

出願時よりあなたが進歩していることを示さなければならない。学校に対して最近のあなたが達成したことや成功事例を示し、あなたを選ぶ理由を増やすことが重要になる。

間違い#3:学校への本当の関心を隠してしまう

すでにエッセイで学校への興味を書いたとか、この学校にしかあなたが興味がなかったとしても、その学校への興味を隠してしまってはならない。そうではなく、自分のゴールを達成するのにこの学校がベストだということを再度強調することが重要である。

学校側は学校のプログラムがあなたのゴール達成をサポートできるということを以下の2つの理由から知りたがっている。

1.   もし学校のプログラムがあなたのゴール達成の助けになるのであれば、あなたが仕事を得られる確率は高まって学校の就職率が高まり、学校自体のランキングが上昇する。

2.   もし学校のプログラムがあなたのゴール達成の助けになるのであれば、あなたが入学する可能性が高まり、学校の入学率は高まるか、少なくとも下がりはしない。入学率はUS Newsのランキングに影響するし、学校の競争率や人気とも結びついており、アドミッションは非常に重要視している。

学校への興味を示すために複数の方法が考えられる:

1.   学校をビジットする。キャンパスビジットに参加し、クラスを見学し、生徒に会って話しを聞く。ビジットの経験は学校にアップデートする際にも報告できる。もし既にビジットしているのであれば、再度ビジットすることも検討する。

2.    タイプの学校については、学校とのフィットを強調する。あなたがこの学校に本当に入学したいという意志を伝える。

3.    あなたの「ファンクラブ」にサポートレターを送ってもらう。友達、知り合い、同僚などあなたに対してサポートレターを書いてくれる人、特に最近の卒業生や学生から書いてもらうと良い。


 

 


間違い#4:他の人のサポートを求めない。
 


間違い#2と も関連するが、他人からサポートしてもらうことを待つのではなく、他の人へ積極的にサポートを求めなければならない。学校が十分な推薦状を受け取れるよ う、自分がイニシアチブを取らなければならないのである。それぞれの推薦状であなたの学校へのフィットを強調し、あなたが学校の生徒として適格であること を裏付けてもらう必要がある。

書面、もしくは口頭でのサポートは次の2つの目的を持つ:

1.    あなたの資質について、可能であればこれまで示していない新しい側面を提示する。

2.    学校とのフィットを強調する
 

サポートしてくれる人としては次のような人が望ましい:

A+のファン: あなたと学校のことをよく知っている人。この人達が第一候補である。

あなたの会社の役員などのVIPは一般的に思われているほど影響力はないことが多いが、もし学校の建物の名前になっているような人である場合は特に効果的である。

学校のプログラムに詳しい人: 現役の学生や最近の卒業生。このような人にあなたのレジュメなどを渡して、学校に対して強調してほしいポイントを伝えると良い。

仕事や仕事外の活動であなたのことをよく知っている人: 同僚や上司は追加の推薦状を書いてくれるかもしれない。もし彼らが学校について詳しくないのであれば、学校の特徴や重視している点のうちあなたが強調したいポイントを伝えなければならない。

 

 


間違い#5:一度だけ、大量に連絡をする
 


こ れまでに提示した間違いによって受身でいることが不合格への道だということは理解してもらったと思うが、大量に連絡をしてもいけない。コントロールをする ことが必要だ。一度だけ大量にメールを送って、その後何もしないのは間違いだ。継続して、十分に内容のある連絡を続ける必要がある。

頻度: もしあなたがファーストラウンドで受験し、1月にWaitlistになったのであれば4月にWaitlistになった人より頻度は少なくて良い。Waitlistは時間が経つにつれて少なくなっていくからだ。また、スケジュールには柔軟性をもたせなければならない。例えあなたのサポーターが推薦状を送ってくれなくても、焦らず次の手立てを考えるのだ。

内容: 以下の3つのエリアに集中することが必要である。

1)    あなたの資質: 特に最近の達成事項、責任範囲の拡大など

2)    弱みを克服するためにとっている手段

3)    学校とのフィット

 

 


間違い#6:評価や評価に基づいた行動を誤る
 


アドミッションの評価プロセスは極めて主観的に行われるため、なぜWaitlistになったかを断定的に述べることは難しい。しかし、一般的には以下の要素の組み合わせでWaitlistになったと考えられる。

1.    あなたのプロフィールに弱点があり、他の人を採ることを検討している。ただ、その他の人が入学しなかった場合に、あなたを代わりに受け入れることを考えている。

2.    アプリケーションに弱点がある。ゴールやなぜその学校に入りたいかを十分に述べられていない。

3.    同じようなプロフィールを持つ受験生がたくさんいる。すべての学生を受け入れられないため、あなたがWaitlistに入れられた。

正しい行動をとるためには、あなたがWaitlistに載った理由を突き止める必要がある。Waitlistになった原因を突き止め、それに応じて正しく行動するのだ。

1.の場合、例えばあなたのGMATが低すぎるようであれば再受験してスコア上昇に努めるべきだろう。あるいは、CFAなどの専門的な資格も埋め合わせになる。あなたの職歴や課外活動が弱いようであれば、最近の達成したことをより強調擦る必要がある。

2.の場合、追加レターであなたのゴールを明確に述べる必要がある。学校のプログラムがあなたのゴールを達成するのにどのように手助けになるのかを強調するのだ。

3.の場合、あなたは高いレベルの達成事項やプログラムへの強い関心を示す必要がある。同じような集団から抜け出すため、珍しい経験や趣味、関心など今まで伝えていなかった事項を伝え、多様性があることを示す事が重要になる。

 

 


間違い#7:Waitlistになったことについて学校に不満を伝える
 

Waitlistになったことであなたが受けたショックについて述べる必要はない。まして、学校への不満を決して述べてはいけない。そうではなく、継続して考慮の対象としてくれていることに対して、Adcomに感謝することが必要だ。

 

 


間違い#8:弱みや過ちについて大げさに釈明する
 

弱みや過ちについて繰り返し述べることは、むしろその弱みや過ちを強調してしまう。そうではなく、ポジティブな側面を強調するのだ。

例えばもしGMATのQuantが80パーセンタイル以下だったとしても、あなたが数学に弱いことの言い訳をしてはいけない。そうではなく、入学前には数学のクラスをとることを述べ、会計の授業ではAをとっていることを強調するのだ。
 
 
 

間違い#9:学校同士を競わせる
 

もしあなたが他の学校からオファーをもらっていることにWaitlistになった学校が関心するとおもったら、それは大きな間違いだ。そのことは完全に逆効果になる。もしあなたが学校Aからオファーをもらっていることを知ったら、他の学校はあなたが学校Aへ行くのではないかと心配する。Waitlistになっている学校に対して、他に合格している学校のことを伝えないことが重要だ。
 
(adapted from Accepted.com; accessed 2012/02)
 

Need more hints? Please see my links here ▸  http://delicious.com/admissions/waitlist


 

- Updated by Vince on Fr 2 Sep 2016

 

 


Results

 
 
Vince's clients
admitted since 2007
 
Kellogg  24
Stanford d.school 1
Tuck  8
Wharton  26

+8 Fulbright Scholars

Full list here

Testimonials

 

 

"You encouraged me to be genuine, and helped me find the right, true stories that captured who I am. In this way, you offer applicants not only an effective admissions advisory, but also a unique journey of self discovery and empowering dreams."

Harvard Business School Class of 2015, with Fulbright Scholarship (also admitted Stanford GSB)

________________________________
 

"First, you limit the number of your clients so that you can maintain the high quality of your services while many other MBA consultants accept clients almost beyond their capacity. Second, you are really great 'catalyst.' Each question you asked me made me think and thus deepened my stories. Thanks to you, I was able to come up with excellent ideas that I could never come up with alone."

Kellogg Class of 2015 (also admitted Berkeley Haas)

________________________________

More here http://www.vinceprep.com/testimonials

© 2007 – 2016 VincePrep.com. All rights reserved.